クレジットカード現金化安心業者を徹底比較

MENU

2017年現在、クレジットカード現金化サービスは手軽に簡単にお金が作ることができ、今も尚人気が衰えることを知らない金策ツールとなっております。
その反面、人気がある=悪質業者が増える
とのように現金化サービスの人気に便乗して、悪質業者は増加の傾向にあります。また悪質業者の中でも消費者を食いモノにする詐欺業者も増えてきており大変危険な状況となっているのも現状です。
そのような悪意のある業者で利用を行なわない為にも、優良店データーベースでは長年の研究と調査のもと安心・安全のクレジットカード現金化業者のみ掲載を行っており、さらにその優良店の中から徹底比較できるランキングも設けましたのでご利用の際はご参照ください。
また同時に口コミや体験談なども随時募集しており、当サイトに寄せられた信ぴょう性の高いコメントのみ掲載しておりますので、優良店ランキングとあわせて参考にして頂ければと思います。

安心のクレジットカード現金化業者を比較する前に

クレジットカード現金化安心

現在、クレジットカード現金化サービスを行う業者、店舗は北は北海道、南は沖縄まで約500店舗i以上あるといわれております。全国エリアでいえば、札幌・東京(池袋)・名古屋・大阪などに拠点をおき東京の業者に関しては、インターネット専門店が9割を占め、他の1割と地方エリアは来店可能な従来の店舗型のお店でサービスをおこなっている模様です。

 

全国にある500店舗のうち、7割以上は消費者を騙す悪質なクレジットカード現金化業者も紛れ込んでおり、500店舗ある中で優良店と呼べるお店は3分の1もみたいと思ってください。

 

正直なところ、業者の公式HPの見た目だけでは安心のクレジットカード現金化サイトかどうかの判断は困難と思われます。また、WEB上にあるランキングサイトや比較サイトも業者のステマ(自作自演)サイトやアリエイターが運営する広告収入だけを目的とした広告サイトで溢れかえっております

 

このように正しい情報を得るには、やはり実際の利用者の体験談やWEB上にあるあらゆる情報を自分で収集し、ご自身が納得するまで研究するしか今のところ方法はないと言えますが、私自身もクレジットカード現金化サービスの利用を行なってきた人間で、今までに散々な目にあいました。私のようにならない為にも自身の体験談をもとに安心のクレジットカード現金化業者の比較をランキング形式にてご紹介しております。

 

現金化業者のランキング以外にもクレジットカード現金化の基礎知識や悪徳業者の手口、法律についてやクレジットカード現金化の利用者についてなどさまざまな情報をご紹介していますので、ご利用検討されている方は参考にしてみてください。

【重要】クレジットカード現金化の大事な比較ポイント5選!

当サイトが現金化業者を比較する基準は以下の通りです。

換金・還元率

クレジットカード現金化サービスにおいてもっとも重要な項目といえば換金率、還元率ではないでしょうか?どうせ利用するなら一番高い還元率で手続きを行いたいものです。

所要時間

還元率の次は所要時間です。どんなサービスでもスピードは命です。手続きから送金まで迅速に対応してくれる業者は利用者にとってもっとも重要なことなのでこちらも要チェックです。

創業年数

創業年数は利用する現金化業者の実績が分かります。サイトには創業何年とは記載されていないお店も多いですが、サイトのURL(ドメイン)年数など見れば、そのサイトがいつ公開されたかすぐ分かるので暴露していきたいと思います。

営業時間

常に忙しく、時間が取れない方などは、営業時間は重要項目になってくると思います。中には24時間体制でサービスを行うショップもありますのでご紹介していきたいと思います。

換金方法

クレジットの現金化サービスには複数のサービスに分かれております。利用するサービスによっては手続き方法や法律に関しても変わってきますので、あなたにあったサービスを選んでみてください。
このように現金化業者を比較するポイントとしては、上記の5項目は、最低でも押さえておきたいポイントとなりますので、お店を選定する際チェックしておいてください。

クレジットカード現金化安心の優良業者比較ランキング

アキバギフト

24時間対応で金額に関わらず一律90%保証はアキバギフトだけ!

アキバギフトは多種多様な現金化サービスを展開していますのでクレジットカード現金化だけではなく、携帯キャリア決済の現金化やアマゾンギフト券買取サービスも対応しています。
振込における対応金融機関においても24時間対応口座も充実しておりますのでネットバンクやゆうちょ銀行をお持ちでしたら土日祝日でも平日15時以降でも即日入金可能なお店となっております。
常に新しいサービスに取り組んでいるのでリピーター率は圧巻の85%以上!!どんなお客様でも早急に対応をしてくれるアキバギフトは現金化業者の中でも常にトップクラスの安心・安定感があるお店です。

換金率 一律90%保証
創業年数 創業10年で安定感抜群
所要時間 新規最短30分前後で入金
営業時間 24時間対応
換金方法 買取り業務全般
アキバギフトのマル得情報

キャッチフレーズにもあるようにアキバギフトの換金率は一律90%固定の安心の換金率となっております。条件にもよりますが、仮に10万円の買取なら手元に9万円は戻ってくる計算になるので良心的なパーセンテージといえるでしょう。またアキバギフトはキャンペーンにも力を入れており毎月お得な利用特典も必見ですのでお見逃しなく!

ひまわりギフト

創業13年の実績は本物!信頼で選ぶならひまわりギフト!

ひまわりギフトの評価も総合的に見ても平均して評価の高いお店となっており、創業13年は業界でももっとも長く営業されている老舗業者といえます。
入金までの所要時間は少し掛かりますが、裏を返せばそれだけ人気があり、利用者が多い現金化優良店とも言えます。
気になる還元率は交渉次第でパーセンテージを引き上げてくれるお店ですので皆さんも是非挑戦してみてはいかがでしょうか!?またお得なキャンペーンもお見逃しなく!

換金率 最大98%
創業年数 創業13年の信頼と実績
所要時間 初回のみご新規で40分前後の手続き
営業時間 電話受付9:00〜20:00
換金方法 WEB上での買取方法
ひまわりギフトのマル得情報

今ならもれなくご契約者様すべてに換金率プラス5%の計上か、最高5万円の商品券をもれなくプレゼント中!また毎月15日はひまわりの日となっており、通常の還元率からさらにプラス3%〜5%の計上にて換金中です。

未来ギフト

身分証明一点で安心取引!未来ギフトでは安心第一をモットーに取り組んでおります。

クレジットカード現金化に加え、携帯キャリア決済の現金化やアマゾンギフト券の現金化と幅広い現金化サービスを提供する総合現金化サイトの未来ギフト
何と言ってもクレジットカードをお持ちでない方やキャッシュバック方式の現金化に抵抗がある方でも安心して利用ができる優良店として高く評価されています。
一般的な現金化業者では必須項目となっているクレジットカード情報の提示もないために余計な個人情報を提示することなく、現金化ができるのが多くのお客様から信頼を得ています。
未来ギフトも悪い意見はありませんでしたので、騙される危険性はないので安心してご利用いただけると思います。

換金率 30万円まで一律89%保証
創業年数 創業10年の実績があるので信頼度抜群
所要時間 ご新規利用で最短20分!2回目以降は最短5分でご入金
営業時間 24時間対応
換金方法 違法性の少ない即日買取方式を採用
未来ギフトのマル得情報

未来ギフトで手続きを行えば、今なら30万円までなら安心の一律89%で現金化を行うことが可能となっております。また必要書類も身分証明一点のみで取引できるのも安心かつスピーディーに換金できるところも大きなポイントとなります。

悪徳現金化業者を利用しないための対策

安心してクレジットカード現金化を行う為に

クレジットカードのショッピング枠を現金化するサービスは全ての現金化業者が安全に利用することができるという訳ではありません。

 

詐欺まがいな悪質業者や個人情報を売買している悪徳業者も多く存在しています。
利用する前に安全なところかどうかを見極めることや比較することが重要ですが、どういった部分をチェックしていけばいいのかをご紹介していきたいと思います。

 

もちろんチェックするポイントは他にもいろいろご紹介していますので、まずは簡単にチェックできるところから対策をしていただければと思います。そして、悪徳業者には決してひっからないように最善の注意を払って利用するようにしましょう!

悪徳現金化業者を見極めるには下記の項目に注意

創業年数

どんなビジネスやサービスでもそうですが悪徳業者というのは長い期間続けることはできません。詐欺会社などもそうですが、長く営業を続けてしまうと摘発されるリスクがありますし現代はコミュニケーションツールがたくさんありますので悪い評判はすぐにインターネット上に広がってしまいます。悪い評判が広がれば利用者からは警戒されてしまうために短い期間でサイトは閉鎖し、また新たなサイトを立ち上げるという繰り返しになります。そういった意味から創業年数が長い老舗業者というのはそれだけの実績があるということになります。

 

換金率

どの現金化業者のホームページにも還元率や買取率などで表記されている買い物の金額からお金になる割合を示した数字が必ず記載されています。この数字が異様に高いサイトには注意が必要です。この現金化サービス自体が慈善事業ではありませんので運営するための利益や諸経費というものがかかります。そういった部分を考慮しての割合になるのであり得ない数字に惑わされないようにしましょう。

 

接客態度

どんな商売でもそうですが、人と人とのやりとりになりますので対応で相手の人間性がわかります。ただ単に自分に合う合わないだけではなく、言葉遣いや手続きの説明などできちんとしているかどうかでも変わってきます。初心者の方でもわかることですが、横柄な態度や金額を曖昧にするなど、ちょっとでも胡散臭いと思う現金化業者とは取引はしないほうがいいです。

クレジットカード現金化を行う前に利用者の口コミをチェック

クレジットカード現金化の口コミチェック

クレジットカード現金化を利用する際、まずは比較サイトや口コミサイトをチェックしますよね。現金化を検討している方の9割以上はお店の公式HPの見ただけで決めるのではなく、比較サイトや掲示板や口コミサイトなどを見て選ぶかと思います。

 

現在、多くの現金化比較サイト・口コミサイト・ランキングサイトを見かけますが、その多くは現金化業者の自作自演の書き込みばかりで、内容に信憑性は無いと言っていいかもしれません。

 

多くのクレジットカード現金化の比較サイト・口コミサイト・ランキングサイトは広告の媒体として現金化業者からの依頼で掲載されている事が非常に多いので、いろいろなサイトで目にするからと言って優良店という訳ではありません

 

ちなみになのですが、皆さんクレジットカード現金化の広告料がいくら位か想像つきますか?
現在のアフィリエイト会社の報酬額によると、ランキング上位サイトの場合で、申込1件あたり1万円から最高でも3万円という広告費がかかっているようです。

 

「どれだけ現金化業者は儲かっているんだよ」と思いますが、では現金化業者はどこからその広告料は支払っているのでしょうか?
間違いなく、利用者からの利益です。

 

多くのサイトでランキング上位や目立つところに掲載されているのは利用者がその現金化業者を支持しているのではなく、利用者からその分の利益を取っているという事です。決して上位広告だからと言って「優良店」ではないという事を踏まえて口コミサイトやランキングサイトをチェックするとちゃんと優良店を見極めることができるでしょう!!

 

現金化口コミサイトの見極め方法

ただ、はじめて利用する方にとっては重要な情報源ですので、正しい真実の口コミサイトの見極め方をお教えいたします。

業者の書口コミ数を確認

口コミサイトの中であまりに多い口コミ数は自作自演の可能性が高いです。普通に考えても1日に数十件コメントがある会社はありえませんよね。

書き込みの時間帯をチェック

書き込み時間帯も必ず確認が必要です。5分おきに立て手続きにコメントが入っている業者はステマ(自演)の可能性が高いです。また同じ時間帯に数社のレビューがある場合は、系列店と思ってよいでしょう。

悪いコメントを探そう

このような口コミサイトはほぼ良いコメントしかありません。明らかに悪いコメントは微妙ですが、多少悪いコメントであれば良いコメントの内容にも信憑性がありますのでそういった会社に問い合わせてみるのも悪くないと思います。


2017年クレジットカード現金化の傾向と対策

2017年クレジットカード現金化の対策

日本経済は常に動き続けており、クレジットカード現金化業界も多分に漏れず動向をチェックする必要があります。これまでインターネットで完結できる効率の良いクレジットカード現金化の方法とされていたキャッシュバック特典付き商品を購入する現金化ですが、近年新しいタイプの方法に押し流される傾向にあります。

 

その次世代型のクレジットカード現金化方法とされるのが流通量の多い電子ギフト券を活用したアマゾンギフト券の買取によるショッピング枠現金化サービスです。

 

従来のキャッシュバック現金化サービスでの現金化方法と比較すると法律に違反する恐れはなく、現在のクレジットカード現金化(アマゾンギフト券現金化)は安心といえます。これまでクレジットカード現金化は違法なビジネスとして忌み嫌われる印象があり、ヤミ金融と報じられることもありましたが、アマゾンギフト券買取は実質的にはクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法で業務内容としては街中にある金券ショップと同じ金券類やチケットの買取です。

 

現在アマゾンギフト券のクレジット現金化サイトは急激に数を増やしており、キャッシュバック方式を採用する現金化業者にかなりの影響を与えています。クレジットカードのショッピング枠現金化に抵抗がある方でもアマゾンギフト券の買取であればギフト券を換金するだけですので、不安なく利用できる現金化サービスとして急成長しています。

 

アマゾンギフト券買取による現金化での注意点は購入する金額が一度に30万円以上の高額ですと購入が難しい場合がありますので、30万円以上購入の場合には1枚に対しての購入金額を下げて複数枚にし、メッセージにプレゼント用として購入をするか2日などに分けて購入をすればその問題も解消できます。

 

それ以外に不便はなく利便性に優れた換金性の高い電子ギフト券となっています。各クレジットカード会社では換金目的によるショッピング枠の使用を利用規約で禁じていますが、プレゼントとして購入したギフト券を誰かに譲り渡すことを禁止することはありません。2017年以降からはキャッシュバックサービスではなく、アマゾンギフト券買取がメインの現金化方法へと移り変わっていき、キャッシュバックでの現金化サービスは衰退または消滅することが考えられます。

失敗しないためのクレジットカード現金化活用術

クレジットカード現金化の活用術

クレジットカードのショッピング枠現金化を資金調達の方法として活用されている方は数多くいらっしゃいます。クレジットカード現金化は一見するとキャッシングに似たサービスともされお金を借りるための手段として認識されている方も少なくありませんが、クレジットカードで買い物をして現金を手に入れる方法であり、お金を借りる訳ではありません。

 

しかし、クレジットカード現金化で使用したショッピング枠は後にクレジットカード会社に支払わなければならないため、無計画に高額決済を行えば返済が滞ってしまう恐れがあり、クレジットカードの返済が滞ってしまうことは、当然クレジットカードで買い物ができなくなるため現金化することもできなくなってしまいます。

 

そのためクレジットカード現金化もキャッシングと同様にしっかり計画的に利用しなければ借金と変わらない債務です。確かにクレジットカード現金化はいつでも手軽に利用できる消費者金融よりも利便性に優れたサービスであり、ちょっとしたお金が必要になった時にはとても役に立つサービスといえます。

 

しかしクレジットカード現金化で失敗してしまう方の例としてもっとも多いのが支払うことができない金額を現金化してしまうことです。大半の現金化業者では、商品購入の際の支払い方法は選択することはできず一括払いとなってしまいます。

 

そのため返済が可能な額だけ利用する分にはいいですが、高額での決済をするのであればあとからリボ払いの手続きを行い、支払方法は変更することをお勧めします。そうすれば無理なく返済をすることができ、必要な時だけまたクレジットカード現金化を利用することができるのです。

 

また、毎月現金化をしないと生活が厳しい方は毎月最低いくら必要なのかを計算して1回でその金額を現金化してしまうという手もあります。一見、必要になった時だけ必要な分を現金化していた方が無駄がないように思えますが、カード現金化はどの現金化業者でも金額によって換金率が変わりますので取引する金額が高くなればなるほど換金率は上がり、月に10万円を5回取引するよりも50万円を1回取引した方が手元に入るお金は多くなります。

 

利用金額や最低必要な金額にもよってしまいますが、毎月50万円以上利用している方はを一度にまとめて利用した方が換金率は上がり、手元に入るお金は増えますのでうまく現金化を活用することが可能なのです。
従ってクレジットカード現金化を有効に活用するためのコツ

  • 「支払うことが出来ない金額は現金化しない」
  • 「毎月いくら位現金化で必要なのかを把握する」
  • 「一度にまとまった金額を現金化する」

そうしたことが失敗をせずに、うまく資金調達する方法と言えるでしょう。


クレジットカード現金化の消費者・ユーザーの実態

消費者・ユーザー実態調査

消費者・ユーザーはショッピング枠の現金化をなぜ利用しているのか?
様々な事情はあると思いますが、大まかに言えば生活費・交遊費・返済・事業資金・運転資金です。

 

ほとんどが一時的に現金が必要な消費者・ユーザーかと思いますが、実際は月に2度3度利用する消費者・ユーザーも多く、中には個人の方でも月に100万円以上利用する消費者・ユーザーもいるというのだから驚きます。

 

もちろん事業資金や運転資金でもっと高額を利用する消費者・ユーザーも多いようですが、クレジットカード現金化は違法?合法?と騒がれていても消費者・ユーザーはそんなに考えていないのも実情ではないでしょうか。
多分、現金化をしても大丈夫だろうか?という不安な気持ちよりもお金に困っている方が多い世の中で不安な気持ちなんかではどうにもできない事情が皆様にもあるかと思います。

なぜ違法行為や禁止行為と言われるのか

違法行為

  • 「クレジットカードのショッピング枠は規約違反」
  • 「多重債務者を生む助長になっている」
  • 「収入に対しての債務金額・返済金額が見合わなくなってしまっている」

だから当たり前と言われてしまうかもしれませんが、そもそも多重債務者や借金を生む要因は現金化業者ではなく、この日本の社会ではないだろうか?債務額を増やすことを助長しているという観点であれば消費者金融がある時点で如何なのだろうか?国がもっと積極的に補助したり、対策をしてくれているのだろうか?

 

消費者金融自体が多重債務者を助長しているし、総量規制で年収の3分の1以上は借りれないとしているが、年収を確認する書類が源泉徴収票や給与明細書では誰にでも作成が出来てしまい、年収の3分の1以上の借り入れが出来てしまいます。

 

クレジットカードに関してもキャッシング枠とショッピング枠など作らず共通にして限度額が決まっていればショッピング枠を現金にしようと思う発想自体浮かばない。ショッピング枠の現金化に限らず、「やってはいけません」と言う行為は世の中にたくさんあるが、簡単に出来てしまう仕組みやシステムを作っているのがそもそもの間違いではないでしょうか。

 

また、話の論点が変わってしまいますが、日本という国は困っている人や困った時に対応できる方法をもっと増やしたり、もっとこういった方法があるからこうしましょうと周知させることが少ないと思ってしまう。税金を延滞してしまうと何度も催促や督促が来て、何年も滞納してしまうと滞納分と同じくらいの延滞金を請求されるが、国民が受け取れる補助金や助成金や給付金に関しては自分で調べたり、わかっていないと受け取ることが出来ないですし、国が積極的に宣伝やお知らせするわけでもない。

 

「国民から徴収は必ずするが、納入は知っている人だけ受け取りに来てください」・・・そんな世の中だ。ショッピング枠の現金化そのもの自体は法律違反ではないのに違反だからやめましょうと世間は言うが、もっと良い最善の方法は何なのかを世間の人は発信しているのだろうか。

 

「違法に近い行為とわかっていて利用する消費者・ユーザー」がいるのは最善の方法が現金化という方法であって、この行為が法律違反で現金化業者も消費者・ユーザーも逮捕されてしまうという結果にならない限り、現金化の需要はどんどん増えていくだろうと思います。

 

誰もショッピング枠の現金化をしたくてしている訳ではなく、今いる状況で現金を作るにはショッピング枠の現金化しかないから利用せざるを得ないのです。


クレジットカード現金化を利用した体験談

神奈川県 | 匿名さん | サラリーマン 

クレジットカード現金化安心,現金化比較,クレジットカード現金化比較

出張が多かった私はよく新幹線の回数券を購入していました。毎回現金で購入していましたが、ある時手元に現金がなく、仕方なくクレジットカードで購入をしたのですが、それから何日か後に突然の部署異動になってしまったのです。正直、この突然の部署異動が現金化を始めるきっかけになってしまい、今も利用することになってしまった原因なんです。その時購入してしまった回数券は使う目的が無くなったため、換金ショップに換金しに行くことにしました。思っていたよりも高く換金ができた事にびっくりしたのと同時にこの方法は使えると思ってしまったのです。

 

なぜ使えると思ってしまったのかというと今回の部署異動は私にとってかなりのダメージになることがわかっていたからです。出張があることによって今まで得ていた副収入がなくなってしまうからです。出張費はすべて経費ですので出張にかかる宿泊費、交通費、食事代、その他出張先でかかる費用はすべてが経費計上できるのですが、1日あたりの宿泊費や食事代の金額が決まっていたのと当時の社内では出張の宿泊費や食事代の領収書を提出する必要がなかったのです。

 

クレジットカード現金化の法律問題を検証

クレジットカード現金化法律問題

クレジットカード現金化・ショッピング枠現金化の法律上の違法性や問題点について解説・検証していきたいと思います。

 

現在クレジットカード・ショッピング枠現金化には、

  • 買取方式
  • キャッシュバック方式

という方式が主な取引方法になっています。この2つの方式の何が違うのかは当サイトでも解説していますので現金化の基本的な知識を参照してください。双方のサービスによって業者側と利用側の違法性はどう変わってくるのか、問題点はどうなのかを具体的に解説します。

 

過去の逮捕事例

クレジットカード現金化は過去に逮捕者が出ている事例があります。逮捕されたのは現金化業者であくまでも悪徳業者だったということになっていますが、実際いま利用している業者が当てはまるという利用者もいるのではないでしょうか?

 

「違法ではない」や「逮捕されたのは現金化業者」と言っていても逮捕者が出ている以上、利用者側も他人事ではないですし、取引方法などによっては法律上違反になってしまう可能性がありますので、まず過去に逮捕された事例を説明します。

 

2011年8月に全国ではじめてクレジットカード現金化業者が逮捕されました。逮捕された業者は「キャッシュバック方式」での現金化を利用し、利用者には1個30〜120円のおもちゃのネックレスを数千円〜百数十万円でクレジットカード決済で購入をさせ、カード会社から入金される代金の一部を差し引き、残りのお金を利用者には特典としてキャッシュバックしていました。

 

ただ、利用者はクレジットカードで購入した商品の中身は送られてくるまで知らなかったことや2回目以降は商品購入のクレジットカード決済だけをさせて商品は送ることをしなかったこと、また商品代金が商品価値と比べて明らかに高額なことから、警視庁はあくまでも形式な取引なだけで「事実上は高利の貸金業」と判断しました。

 

逮捕容疑は2010年から2011年までの間、利用者4人にプラスチック製のネックレス360円相当の商品を約415万円で購入させたうえに、カード会社から入金される約415万円のうち約346万円を利用者にキャッシュバックして約69万円を利息として受け取った疑いとなっています。

 

これにより、東京都台東区の元貸金業の飲食店経営者が不正な現金化を行ったとして逮捕され、逮捕事由は貸金業法及び出資法違反の罪で懲役3年執行猶予5年の有罪判決が出ています。

キャッシュバック方式の違法性・問題点

キャッシュバックバック式の法律

このようにキャッシュバック方式では、逮捕者が出てしまっている以上、合法とは言えないサービスなのが現状です。
この事例でわかるようにキャッシュバック方式には違法性も問題点もいくつかあります。

  1. 利用者はクレジット情報を伝えているだけで実際にはどんな商品を購入しているのかわかっていない
  2. 2回目以降はクレジットカード決済だけで商品を送らなかった
  3. 100円前後の価値しかないものを何万円〜何百万円で購入させている

法律上100円のものを高額で売っていること自体は何も問題ないです。お祭りや縁日でも普段100円で売っているものが300円で売っていることなんて普通ですし、購入するかどうかはお客様次第で誰がどう見ても価値がないものだったら高額で購入する人なんていないでしょうから。

 

ブランド品のコピー商品や価値がないものを価値があるものと騙して購入させた場合にはもちろん商標法に抵触したり詐欺罪にあたります。利用者は現金化目的ですので正直商品が何であっても購入するでしょうが、利用者が購入する商品をわかっていないというのは何かあった時には問題になるのは当然のことでしょう。

 

ただ、この事例で違法と判断され問題となる要因きっかけは、購入者に商品を送っていないことです。

 

景品表示法でキャッシュバックはキャッシュバック特典付き商品を購入をして商品を受け取る・受け取っていることが条件です。事例のように金銭のやり取りはあるが、商品のやり取りがなければショッピング枠を現金化するという目的が明確で景品表示法や古物商取引は関係なくなってしまい、ただ単に高利でお金を貸している貸金業(闇金)と一緒です。

 

貸金業と判断されてしまいますと、貸金業を営む上での登録・許可がされていないので貸金業法違反となり、業者側が取る手数料等はすべて金利・利息と判断されますので出資法違反となってしまいます。

 

はっきり言ってまだ捕まっていない現金化業者でも全く同じことをやっている現金化業者があります。利用者も思い当たる業者を利用したことがあったり、現在利用している方もいるのではないでしょうか?

 

確かに利用者側が逮捕された事例はありませんので逮捕されることは限りなく低いかもしれませんが、利用していた現金化業者が逮捕されれば当然利用者にも調査が入りますので、家族やカード会社にはバレてしまい、クレジットカードは利用停止・残債一括返済になってしまいます。

 

家族に知られてしまったら家庭崩壊や離婚に繋がってしまうケースだってあるのではないでしょうか。皆さん、現金化がグレーゾーンということは承知の上で行っていると思いますが、騙されるなどの被害だけではなく、何かあった時には利用者側にも大きな代償がある行為です。

 

どうしても現金化を利用するのであれば事例を踏まえて出来る限り、危険性が低い安心のクレジットカード現金化業者で利用することをおすすめします。

 

商品買取方式の違法性・問題点

買取方式法律

キャッシュバック同様、商品買取方式でも事例と同じことが言えます。
例えば自社サイトで商品を購入させて購入者の手元に商品を郵送せずに現金化業者が買い取ったことにしてしまいますと、事例と同じように商品のやり取りがないのにお金が動いてしまっています。
これでは、誰がみても現金化目的と判断が出来てしまいますので、結果、事例と同じように貸金業法及び出資法違反となってしまうのです。また買取方式は古物商の許可がないと運営することができません。

 

古物商許可は警察署に申請をして許可が下りれば取得できますが、中には取得せずに運営している業者もありますのでそういった部分も利用者側が利用する前に確認や比較する材料としていただければと思います。

買取方式は利用側にも違法性がある

クレジットカードのショッピング枠で購入した商品はあくまでもカード会社が代金を立て替えて支払っていますので、購入した時点での所有権はカード会社にあります。カード会社が立て替えた代金をすべて完済してはじめて購入者の物となるのです。

 

買取方式の場合にはショッピング枠で購入した商品をカード会社に完済する前に転売して現金化していますので、他人の物を転売してしまっているのと同じになります。よって、他人の物を勝手に転売してしまいますので横領罪や信販会社を欺いてショッピング枠を現金化していますので詐欺罪にあたる可能性があります。ただ、転売していることも現金化していることも立証するのは困難です。
手元に商品がなくても、もともと家族や友人にプレゼントするために購入したと言ってしまったら警察側はどうすることもできないのですから。

 

家族や友人などにプレゼントするためにショッピング枠で商品を購入しても横領罪や詐欺罪になりません。このように言い方で1つで犯罪行為に近いことも犯罪にはならなくなってしまうのです。だからこそクレジットカード現金化はグレーなのです。
では、他の問題点はいかがでしょうか。

・商品が郵送されてしまうと家族にバレてしまう
・商品のやり取りをしないといけないので郵送・返送で時間がかかってしまう
・購入する商品にもよるが、高額になればなるほどカード会社の決済が下りなかったり、換金目的と判断されてしまう

基本、買取方式の場合は商品のやり取りさえしっかりしていれば業者側も利用者側も法律にふれる危険性はないです。実際の過程は別としてお客様が持っている商品を業者がいくらで買取しますと言ってお客様が納得して買取ってもらうだけですのでここに違法性は全くありません。

 

売る側も買う側も金額設定は自由ですし、どうするかはその人次第なのですから。また、すぐに現金が必要な方は買取方式が使えないとなってしまいますが、現在ではオンラインで商品を受け取れる仮想通貨やアマゾンギフト券がありますので、自宅などで商品を受け取らずとも取引が可能です。

 

商品自体は購入者の手元に届きますので取引上は問題なく、メールやパソコンなどの管理をしっかりしていれば家族に知られてしまうこともないでしょう。決済が出来るかどうかはカード会社の審査や普段の利用状況や返済状況など様々な条件が出てきてしまいますので正直どうすることもできないのが現状です。

 

カード会社から換金目的と思われる危険性についても利用者の利用状況やどういった商品を購入するのかにもよってしまいますが、アマゾンギフト券のようにアマゾンサイトではクレジットカードでしか購入できない商品ですのでそういった商品を取り扱っている現金化業者でしたらかなり危険性は低いと思います。ただ、アメックスやJCBはアマゾンギフト券の審査が厳しいようなので購入できない方がいるようです。

法律についてのまとめ

皆さん、いかがでしたでしょうか?
正直、買取方式でもキャッシュバック方式でも現金化するのは一緒だと思われている方も多いのではないでしょうか。
危険視するのは現金業者そのものだけではなく、現金化方法によっても利用者側にリスクやデメリットが発生してしまう可能性があります。
私個人的にはキャッシュバック方式はいろいろな面で不安要素があり、危険性が高く感じています。
一方、買取方式は取引方法に危険性は低く、業者が取り扱っている商品によっては非常に便利で安心なサービスともいえますので、ご利用にあたっては買取方式を採用するとよいでしょう。

 

最後に

最後にクレジット現金化の利用にあたって筆者からのお願いがあります。この度、優良店データーベースを作った理由はショッピング枠現金化の素晴らしさと、皆さんにより良いライフスタイルを送ってもらう為に作成いたしました。

 

上記でも解説したように現在、現金化業者数と現金化比較サイトの数は比例しており正直なところ優良店と呼ばれる安心の店舗を見つけ出すことは容易ではありません。中には無料ブログのfc2やアメブロのようなで比較評価をのせた明らかな広告収入目的のゴミサイトを見かけますが、これらの換金比較サイトは業者の自作サイトやアフィリ目的のサイトと思ってください。

 

内容に関しても「換金率98%以上の優良サイト」や「最短3分でお振込可能」などの現実的ではないキャッチフレーズを並べ、集客を目的として無料サイトを量産してると思われます。

 

もし、信頼性の高いカード現金化比較サイトを知りたい方は「現金化比較レジェンド」と検索してみてください。筆者も昔からこちらのサイトを参考にショッピング現金化の利用と比較を行ってまいりました。

参照:クレジットカード現金化比較サイトレジェンド【公式】

現金化比較サイトレジェンドの良い点は、昔からの長い運営とサイトの更新頻度が高いところで、店舗のオススメポイントからリスクまで第三者の目でしっかり調査・精査されている点が評価が高いといえるポイントではないでしょうか。

クレジットカード現金化を利用するにあたってとても神経を使うデリケートなサービスになります。ご利用にあたられましては十分な調査と冷静な判断でご利用にあたってください。当サイトの利用規約にも記載されていますが、当サイトに書かれている情報・内容に関しては保証するものではありません。万が一、トラブルや事故等が起きた際は、一切の責任を取りかねますのでご注意ください。


このエントリーをはてなブックマークに追加