携帯キャリア決済を現金化

MENU

携帯キャリア決済も現金化する方法

携帯キャリア決済

クレジットカード現金化以外にも現金化が可能なサービスをご存知でしょうか?
携帯電話には、携帯キャリア決済サービス(スマートフォンキャリア決済)というものがあります。
ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれにあるサービスで毎月の携帯電話の料金にまとめて合算して決済する方法でドコモは「ドコモケータイ払い」・auは「auかんたん決済」・ソフトバンクは「ソフトバンクまとめて払い」という名称になっています。
サービス内容はインターネット上のショッピングサイトで購入した代金やオンラインゲームのプレイ代金などを携帯各社(ドコモ・au・ソフトバンク)が加盟店から譲り受けて、その代金を各キャリアの携帯電話料金と一緒に支払う決済方法です。
簡単に言いますと、携帯電話にクレジットカードのショッピング機能がついているのと同じようなサービスでこの携帯キャリア決済の枠を現金化する方法です。

誰でもキャリア決済ができるの?

基本的には携帯各社についているサービスですので各社のスマートフォンや携帯電話を契約している方でしたらどなたでも利用できますが、携帯電話料金の支払いが送れていたりすると利用できない場合があります。
ソフトバンクを契約している方で毎月の携帯料金をクレジット払いにしている場合は「ソフトバンクまとめて支払い」もクレジット払いですのでクレジットカード自体の限度額がいっぱいですと「ソフトバンクまとめて支払い」も利用できないです。

利用できる限度額は?

携帯各社によって利用限度額は違います。
また、年齢や契約期間など利用履歴によっても上限は変わりますので、ご自身の利用可能額は各キャリアのMyページなどで確認しましょう。

各キャリアの上限金額

【docomo(ドコモ)のケータイ払い】
20歳未満は10,000円まで、20歳以上は10,000〜50,000円までです。(最大100,000円)
20歳以上の場合の内訳は契約期間が1〜3ヶ月目は10,000円、4〜24ヶ月目は30,000円、25ヶ月目以降は50,000円です。
ただ、利用状況などによっては最大100,000円まで増額される場合があります。


【auのかんたん決済】
13歳未満は1,500円まで、13歳以上20歳未満は10,000円まで、20歳以上10,000〜100,000円までです。
20歳以上の場合の内訳は毎月の携帯料金の支払状況や支払方法などの条件によって異なります。


【ソフトバンクのまとめて払い】
12歳未満は2,000円まで、20歳未満は20,000円、20歳以上は30,000〜100,000円までです。
20歳未満の場合と20歳以上の場合に契約期間が3カ月以内ですと利用限度額は5,000円です。

携帯キャリア決済で現金化

どのような方法でキャリア決済の枠を現金化するのかをご紹介します。
最近の現金化業者ではアマゾンギフト券を現金化してくれる業者が増えてきています。
通常amazonギフト券はアマゾンサイトで購入しますが、アマゾンサイトでははクレジットカードでしか購入が出来ません。
その為、携帯キャリア決済では購入出来ませんが、PINCOMというサイトからamazonギフト券を購入することが出来ます。
購入したamazonギフト券を現金化業者に買い取ってもうらことによって携帯キャリア決済の枠を現金化することが可能です。


クレジットカードを持っていない方でも現金化は出来ますので、いざという時に利用してみてはいかがでしょうか?


クレジットカード現金化比較.net | TOPページ戻る


このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

amazonギフト券のタイプ
amazonギフト券のタイプ別による詳細内容
ギフト券の有効期限
amazonギフト券にある有効期限についての解説
アマゾンギフト券の買取率
amazonギフト券の買取率に関する注意事項
amazonギフト券のメリットとデメリット
amazonギフト券にはメリットとデメリットがありますのでご紹介します。
アマゾンギフト券の購入場所と支払方法
アマゾンギフト券の購入が可能な場所と支払方法をご紹介します。