クレジットカード現金化のキャンセル・解約

MENU

クレジットカード現金化のキャンセル・解約について

キャンセル・解約

実際に現金化を申し込みをしてしまった・・・。
でもやっぱり怖いのでキャンセルしたい申し込みした業者が怪しいのでキャンセル・解約したいなど、そういった場合にキャンセルが可能なのか、またどのタイミングであればキャンセルができるのかを解説したいと思います。
まず、現金化には「商品買取方式」と「キャッシュバックサービス方式」があり、どちらの現金化方法なのかや商品購入のクレジット決済の手続きを利用者が行うのか現金化業者が行うのかによってキャンセルが可能かどうか、またどのタイミングであればというのが変わってきます。


商品買取方式の場合には基本的に利用者が商品購入のクレジット決済を行いますので、商品を現金化業者に送る前でしたらキャンセルは100%可能といえます。
仮に商品を購入後に現金化業者にキャンセルできないや違約金が発生しますなど不利益になるようなことを言われても現金化業者の手元に商品がない以上、現金化業者は何も出来ません。ただし、購入した商品をどうするのかは問題になってしまいます。
もちろん、返品が可能な商品でしたら返品をした方がよろしいですが、返品が出来ない場合にはご自身で使うかどこかに売りに行かないとただ無駄にショッピングをしただけになってしまいますので、購入する前の段階で現金化をするのかキャンセルするのか判断した方がいいです。
また、少ないケースだと思いますが、商品買取方式でも現金化業者が利用者の代わりに商品購入のクレジット決済をする場合もあります。
現金化業者が利用者の代わりにクレジット決済の手続きを行うということは申込の段階で名前や住所等の個人情報とクレジットカード番号などを聞かれるはずです。その時点でこの現金化業者で現金化を行うのかどうかを判断しなければなりません。
中には、身分証の表と裏の写メとクレジットカードの表と裏の写メを送っていただかないと購入する商品や換金率は教えられないという業者もありますが、こういった業者は悪徳業者である可能性が非常に高いので必要書類を送る前にキャンセルしましょう。
必要書類を送ってしまった後もキャンセルは可能といえますが、キャンセル後に何事もないかどうかは別です。
もしかしたら1.2ヶ月後に覚えのない請求が来る可能性はありますし、何ヶ月経っても何事もないかもしれません。
ただ、何事もなくても個人情報とカード情報を送らないと現金化が出来ないような現金化は間違いなく利用者にとっては一つもいいことはありません。
仮にその現金化業者で問題なく現金化が出来てその現金化業者では悪用されなかったとしても、裏社会に流失されてしまったり、繋がりがある方が働いているお店だったらクレジットカードは不正に利用されてしまいます。
そうなった時にカード会社や警察にはなんて言いますか?
詐欺にあってしまっている以上、現金化目的で教えてしまったというしかなく、お持ちのクレジットカードはすべて利用停止になってしまい、今後クレジットカードを持てなくなってしまうでしょう。


最近、流行のアマゾンギフト券の現金化が一番安全かつリスクが少ない現金化方法といえます。
アマゾンギフト券にはEメールタイプというギフト券があり、購入しても自宅に商品券やカードが届くのではなく、メールアドレスにギフト券が届きますので郵送でのやり取りは必要ありません。
また、ギフト券を購入後に現金化業者への申し込みをキャンセルしても他に現金化してくれる業者もありますし、利用方法はありますので購入した商品の価値は変わりません。
ただし、ギフト券はギフトコードがお金に変わる重要な部分ですのでギフトコードを送ってしまいますともうキャンセルは出来ないと思ってください。
仮にキャンセルの旨を伝えて「わかりました」と言われても、もうそのギフトコードは無効になっているただの紙切れになっているでしょう。
ですので、キャンセルするのはギフト券(ギフトコード)を送る前です。


キャッシュバックサービス方式の現金化も同様に90%以上は現金化業者にクレジットカード情報を教えないと現金化が出来ませんので、その時点でキャンセルするかどうか判断しましょう。
仮に必要書類を送って申込してしまった後にキャンセルしたいとなっても「もう商品購入してしまいました」と言われるのがオチですので、その時にはカード会社にクレジットカードを紛失してしまったという連絡をするしかないです。

現金化業者にキャンセルというよりはカード会社に利用停止の連絡をするしかキャンセルする方法はないです。


買取方式の場合には商品を業者に送る前でしたらキャンセルは可能ですが、キャッシュバックサービスの場合には個人情報とクレジットカード情報を送る前でしたらキャンセルは可能と思っていただくのが宜しいかと思います。
現金化に解約というのはないですが、業者に提出したすべての書類やデータを破棄・削除してほしいと伝えても破棄・削除するかはわかりませんので、クレジットカード情報を送ってしまっている場合にはクレジットカードを再発行してもらうのが一番いいです。


クレジットカード現金化比較.net | TOPページ戻る


このエントリーをはてなブックマークに追加  

関連ページ

クレジットカード現金化を利用する人達
クレジットカード現金化を利用している方は様々な理由で利用されております。急な出費やカードで買い物できないなど、今すぐお金が必要という時にクレジットカード現金化は役立つサービスですのでご参考ください。
10万利用で比較
クレジットカードのショッピング枠現金化を即日プランで10万円利用した場合の比較
現金化比較ランキングサイトの裏側
クレジットカード現金化には業者を多数掲載した比較サイトやランキングサイトがあります。その比較サイトには信憑性はあるのでしょうか。
24時間対応可能なのは
クレジットカードのショッピング枠現金化サービスが24時間営業で即日振込すことができる理由
現金化業者のバレバレの嘘
クレジットカード現金化を利用した業者がバレバレの嘘をついた。お金の取引で嘘は禁物です
効率の良い方法
クレジットカード現金化はいつでもどこでも利用できる効率の良いサービスとして人気があります。
世の中のうまい話
世の中には簡単にお金を稼ぐ方法やお金持ちになれる裏技など様々なうまい話がありますが本当なのでしょうか?
本当に良い現金化業者をどう判断する
本当に良い現金化業者を判断する上での方法。
現金化Q&A
現金化についての疑問・質問にお答えします。
悪徳現金化業者の詐欺や手口
クレジットカード現金化業界の悪質な手口や詐欺について
クレジットカード現金化で目にする総量規制とは
総量規制について